伊良湖 
 恋路ヶ浜
タカの渡り情報
 
★鷹の渡り調査
   2011
2012
潮騒と浪漫の岬
観光案内

黒潮おどる太平洋と、紺碧の波静かな三河湾を望む渥美半島の先端に建つ白亜の灯台。昭和四年に建てられ、海を行き交う船の安全を守り続けてきました、 平成十年には思い出に残る灯台として、「日本の灯台五十選」にも選ばれています。

太平洋の荒波によって真ん中が洞穴となった日出の石門は沖の石門と、岸の石門と二つあり、その名の通り、日の出の時に美しいシルエットを見せてくれます。

灯台から太平洋岸に面して日出の石門までの約一キロ、太平洋の荒波をうけて湾曲する美しい砂浜です。またここは数々の「日本の百選」(道、渚、白砂、青松、音、風景)に選ばれています。
秋には、タカの渡りの観賞スポットとしても有名です。
日出の石門から浜名湖まで約70q、雄大な直線の色い砂浜が続いています。
どこまでも続く海岸線は美しく、眺めるポイントは日出の石門あたりがベストです。
恋路ヶ浜よりの日の出、一月の月は石門より昇る日の出が一番美しく見えるのか、元旦朝はご来光にあやかりたいと、観光に見えるお客様が年々増えています。
恋路ヶ浜より日の出
恋路ヶ浜
伊良湖岬灯台
日出の石門
片浜十三里